Author Archive

ビフィズス菌を用いた新規抗がん剤に係る共同研究契約を中外製薬株式会社と締結

株式会社アネロファーマ・サイエンス(本社:東京都、社長:三嶋徹也、以下 当社)は、このたび、中外製薬株式会社(本社:東京都、代表取締役社長CEO:小坂達朗、以下 中外製薬)と新規抗がん剤の創製に関する共同研究契約を締結しました。

契約の概要は以下の通りです。

 

1.i-DPS技術を活用した新規抗がん剤の創製に係る共同研究契約

本契約により、ビフィズス菌を利用した当社のプラットフォーム技術であるin situ Delivery and Production System(以下、i-DPS)と中外製薬の有する創薬技術を組み合わせて、新規抗がん剤の創薬に向けた共同研究を行います。尚、本契約によりi-DPS技術を適用する対象は両社で合意した特定の物質に限定されています。

 

2.i-DPS技術と当社の開発プログラムについて

ビフィズス菌は主要な腸内細菌としてよく知られており、毒素など有害物質を産生せず、また酸素のない環境で生育する嫌気性菌です。 標的となる固形がんは、正常組織とは異なり、酸素の少ない環境であることが知られています。 当社は独自技術によりさまざまな組換えビフィズス菌を作製し、ビフィズス菌の特性を生かした抗がん剤の開発を推進しています。抗がん作用のある物質を産生するよう改変された組換えビフィズス菌を静脈から全身投与すると、酸素のない環境を好む性質により、固形がんに選択的に集積し、抗がん物質を産生します。腫瘍局所でのみ抗がん物質が産生されるため、正常組織への作用で起こる副作用の懸念が少ない抗がん剤が実現できます。i-DPSと呼ぶこの技術を用いたリード開発品APS001Fは、現在、米国で臨床試験が進行中です。

 

3.株式会社アネロファーマ・サイエンスについて

アネロファーマ・サイエンスは信州大学で研究が進められていたビフィズス菌を用いた抗がん剤の実用化開発を企図して設立されたベンチャー企業です。本社は東京都千代田区、研究所は長野県松本市の信州大学松本キャンパス内に位置します。概要は次の通りです。

会社名       株式会社アネロファーマ・サイエンス

設 立        2004年8月9日

主要株主   株式会社 産業革新機構、他

事業内容   ビフィズス菌を用いた新規抗がん製剤及びデリバリー技術の開発

代表者       代表取締役 三嶋 徹也

従業員数   20名

本 社        〒103-0028 東京都千代田区神田神保町1-103 東京パークタワー201

研究所       〒390-8621 松本市旭3-1-1 信州大学信州地域技術メディカル展開センター2F

PDFダウンロード


ビフィズス菌を用いた新規抗がん剤に係る共同研究契約をアステラス製薬株式会社と締結

株式会社アネロファーマ・サイエンス(本社:東京都、社長:三嶋徹也、以下 当社)は、このたび、アステラス製薬株式会社(本社:東京都、代表取締役社長CEO:安川健司、以下 アステラス)と新規抗がん剤の創製に関する共同研究契約を締結しました。
今回の契約により、ビフィズス菌を利用した当社のプラットフォーム技術であるin situ Delivery and Production System(以下、i-DPS)を用い共同で新規抗がん剤の創製を行います。契約の概要は以下の通りです。

1.i-DPS技術を活用した新規抗がん剤の創製に係る共同研究契約
本契約により、当社が保有するi-DPS技術を活用し、共同で新規抗がん剤の創薬研究を行います。アステラスは、本共同研究成果に基づく事業化に必要な独占的なライセンスに係る優先交渉権を獲得します。尚、本契約によりi-DPS技術を適用する対象は両社で合意した特定の物質に限定されています。

2. i-DPS技術と当社の開発プログラムについて
ビフィズス菌は主要な腸内細菌としてよく知られており、毒素など有害物質を産生せず、また酸素のない環境で生育する嫌気性菌です。 標的となる固形がんは、正常組織とは異なり、酸素の少ない環境であることが知られています。 当社は独自技術によりさまざまな組換えビフィズス菌を作製し、ビフィズス菌の特性を生かした抗がん剤の開発を推進しています。抗がん作用のある物質を産生するよう改変された組換えビフィズス菌を静脈から全身投与すると、酸素のない環境を好む性質により、固形がんに選択的に集積し、抗がん物質を産生します。腫瘍局所でのみ抗がん物質が産生されるため、正常組織への作用で起こる副作用の懸念が少ない抗がん剤が実現できます。i-DPSと呼ぶこの技術を用いたリード開発品 APS001F は、現在、米国で臨床試験が進行中です。

3. 株式会社アネロファーマ・サイエンスについて
アネロファーマ・サイエンスは信州大学で研究が進められていたビフィズス菌を用いた抗がん剤の実用化開発を企図して設立されたベンチャー企業です。本社は東京都千代田区、研究所は長野県松本市の信州大学松本キャンパス内に位置します。概要は次の通りです。
会社名 株式会社アネロファーマ・サイエンス
設 立 2004年8月9日
主要株主 株式会社 産業革新機構、他
事業内容 ビフィズス菌を用いた新規抗がん製剤及びデリバリー技術の開発
代表者 代表取締役 三嶋 徹也
従業員数 20名
本 社 〒103-0028 東京都千代田区神田神保町1-103 東京パークタワー201
研究所 〒390-8621 松本市旭3-1-1 信州大学信州地域技術メディカル展開センター2F

PDFダウンロード


本社移転のお知らせ

当社は、2018年4月11日に下記住所に移転いたします。
〒101-0051
東京都千代田区神田神保町1-103
東京パークタワー201


当社の取締役に吉松賢太郎氏が新たに就任しました

2018年3月1日付臨時株主総会により、吉松賢太郎氏が当社の取締役に就任しました。同氏は、これまでエーザイ株式会社において同社の創薬研究、特に抗がん剤の研究開発をリードしてきました。今後は、同氏の豊富な経験と幅広い見識を当社の経営に反映してまいります。


2018年AACR年次総会で当社のi-DPS技術を用いたがん免疫療法に関する治療薬の発表を行います

2018年4月14日から18日に米国シカゴで開催される年次総会において、当社はi-DPSプラットフォーム技術を用いた新しい癌免疫療法に関する発表(“Cancer immunotherapy with agonistic anti-4-1BB producing and secreting Bifidobacterium in syngeneic mouse model)を行います。


米国ボストンで開催されたAACR Special Conferenceでi-DPSプラットフォーム技術を用いた新しい癌免疫療法に関する発表を行います

2017年10月1日から4日に米国ボストンで開催されたAACR Special Conference on Tumor Immunology and Immunotherapyにおいて、当社はi-DPSプラットフォーム技術を用いた新しい癌免疫療法に関する発表(“Anti-PD-1 antibody scFv producing recombinant Bifidobacterium exerts antitumor effect in a larger fraction of the treated mice comparing to full length anti-PD-1 antibody”)を行いました。

PDFダウンロード

 


総額約14億5000万円の資金調達を実施

株式会社アネロファーマ・サイエンスは、第三者割当増資により最大約14億5000万円の資金調達を実施しました。当増資には、新規投資家であるNovartis、新生企業投資株式会社、Seventure Partnersが運営するHealth for Life Capital fund、既存投資家から株式会社 産業革新機構、三菱UFJキャピタル株式会社が運営するファンドが参加しました。調達した資金は、当社が開発する抗癌剤APS001Fや癌免疫療法プログラムの開発資金に充てられます。

株式会社アネロファーマ・サイエンスについて

 信州大学で研究が進められていたビフィズス菌を用いた抗癌剤の実用化開発を企図して設立されたベンチャー企業です。本社は東京都中央区、研究所は長野県松本市の信州大学松本キャンパス内に位置します。概要は次のとおりです。

会社名               株式会社アネロファーマ・サイエンス

設 立               2004年8月9日

主要株主           株式会社 産業革新機構、他

事業内容           ビフィズス菌を用いた新規抗癌製剤及びデリバリー技術の開発

代表者               代表取締役 三嶋 徹也

従業員数           20名

本 社               〒103-0026 東京都中央区日本橋兜町19-8 八重洲KHビル4F

研究所               〒390-8621 長野県松本市旭3-1-1 信州大学信州地域技術メディカル展開センター2F

当社の技術と開発プログラムについて

ビフィズス菌は主な腸内細菌としてよく知られており、毒素など有害物質を産生せず、また酸素のない環境で生育する嫌気性菌です。

固形癌は、正常組織とは異なり、酸素の少ない環境であることが知られています。

当社は独自技術によりさまざまな組換えビフィズス菌を作製し、ビフィズス菌の特性を生かした抗癌剤の開発を推進しています。

抗癌作用のある物質を産生するよう改変された組換え菌を静脈から全身投与すると、酸素のない環境を好むビフィズス菌の性質により、組換えビフィズス菌が固形癌に選択的に集積し、抗癌作用物質を産生します。腫瘍局所でのみ抗癌作用物質が産生されるため、正常組織に作用することにより起こる副作用の懸念が少ない抗癌剤の実現が可能です。

この技術を用いたリード開発品APS001Fは、現在、米国で臨床試験が進行しています。

当社は、この独自技術を新しい癌免疫療法の分野にも展開しています。近年、注目されている免疫チェックポイント阻害剤をはじめとする新しい癌免疫療法分野に当技術を応用することで、優れた特性を有するまったく新しい癌免疫療法剤を生み出すことが可能です。現在当社は、複数の開発プログラムを保有し、積極的な研究開発活動を進めています。

PDF ダウンロード


2017年AACR年次総会で当社のi-DPS技術を用いた癌免疫療法に関する治療薬の発表を行います

米国ワシントンDCで開催される2017年AACR年次総会で当社のi-DPS技術を用いた癌免疫療法に関する治療薬の発表を行います。

当社は2017年4月1日から5日に米国ワシントンDCで開催される米国癌学会(AACR)年次総会において、当社のi-DPSプラットフォーム技術を用いた治療薬とイムノチェックポイント阻害薬の併用療法に関する2題のポスター発表を行います。

1題目はタイトル “Synergistic anti-tumor efficacy of combination therapy with APS001F, a cytosine deaminase (CD) expressing Bifidobacterium, 5-fluorocytosine (5-FC) and anti-mPD-1 antibody in syngeneic mice model” です。Clinical Immunotherapy, Viruses, and Bacteriaのセッションで、4月4日午後1時から5時に発表します。

PDF ダウンロード

2題目はタイトル “Enhanced anti-tumor effects by a combination approach of interferon-γ producing recombinant Bifidobacterium and anti-mPD-1 antibody in CT26 syngeneic mouse modelです。Checkpoints 2: Small-Molecule Inhibitorsのセッションで、4月3日午後1時から5時に発表します。

PDF ダウンロード


米国ボストンで開催されるAACR Special Conferenceでi-DPSプラットフォーム技術を用いた新しい癌免疫療法に関する発表を行います

来る2016年10月20日から23日に米国ボストンで開催されるAACR Special Conference on Tumor Immunology and Immunotherapyにおいて、当社はi-DPSプラットフォーム技術を用いた新しい癌免疫療法に関する発表(“Anti-CTLA-4 antibody scFv producing recombinant Bifidobacterium secretes CTLA-4 blocker specifically inside hypoxic tumor and suppresses tumor growth in syngeneic mice model”)を行います。

PDF ダウンロード


20th JFCR-ISCC (Japanese Foundation for Cancer Research-International Symposium on Cancer Chemotherapy)で発表しました

2015年12日から10日にかけて開催された20th JFCR-ISCCで、当社は“i-DPS (in situ Delivery and Production System): A “smart” Drug Delivery System to Produce Immune Checkpoint Blockers inside Hypoxic Tumor”の発表を行いました。