Anti-PD-1 & anti-CTLA4 scFvs producing B. longum

近年のイムノチェックポイント阻害薬の開発は、がん免疫療法に大変大きな成果をもたらしました。さらに作用点の異なるイッムノチェックポイント阻害剤の併用療法の臨床評価が進められています。至適な併用方法は検討段階ですが、有効性が期待できる反面、重篤な免疫関連副作用の増加も危惧されます。

i-DPS技術は、腫瘍の低酸素部位で二つ以上の活性分子を同時に産生する「局所併用療法」を実現することが可能です。私たちは、相乗的な抗腫瘍効果を有する二つ免疫チェックポイント阻害抗体、抗PD-1および抗CTLA4単鎖抗体を共発現した組換ビフィズス菌を創製し開発しています。この単鎖抗体を共分泌するビフィズス菌は、二つの単鎖抗体を腫瘍局所で同時に発現し、相乗的な抗腫瘍効果を示すことはもちろんのこと、免疫関連の副作用を低減することが期待できます。