株式会社アネロファーマ・サイエンスは、信州大学医学部で研究が進められていたビフィズス菌を用いた抗がん剤の実用化開発を企図して設立されました。ヒト腸内細菌で非病原性の嫌気性菌であるビフィズス菌は、静脈内全身投与されると、血中や正常組織では速やかに消失する一方、低酸素環境にある固形がん部位に選択的に集積します。当社はビフィズス菌による低酸素ターゲットの特徴を生かしたユニークな医薬品の研究開発を進めてゆきます。
» 全文を読む

当社の自社技術であるin situ Delivery and Production System (i-DPS) 技術は、ビフィズス菌の性質を利用して、固形がんや重症下肢虚血といった低酸素環境にある病変部位を標的とするまったく新しいコンセプトのデリバリー技術として、今後の進展が期待されています。
» 全文を読む